コインの種類とブロックチェーン

0

ビットコインってどういうものか分かった、

取引所と販売所が有るのが分かった。

けど、肝心な事忘れてますよ。←今からいいます(笑)

気になるコインの種類ですね。(*^_^*)

えっ、種類なんて有るの?

そうなんです。

しかも有りすぎて訳が分かりません。

何がおすすめなの?(><)

ってなりますよね。

logo pc

CoinOtaku

詳しくはこの方の記事を参考にして下さい(*^_^*)

Bitcoin、Bitcoincash、、、、

等1500種類以上あります。(´゚д゚`)

ファッって感じですよね、分かります(笑)

で結局何から入るのが良いのか。

Bitcoin

もうコレしかないでしょ(^_^;)

最近気になりはじめて買おうかと思ってる方

黙って買ってそこから色んなコインを持つのが賢明です。

てかコレが基本だからもってないと始まらないし。(笑)

個人的には、Ripple、ネム、Riskなんかもおすすめです。

次、いきますね。

今度のお話は、

ブロックチェーン

生徒:「先生」

先生:「はい、そこの○○さん」

生徒:「❝ブロックチェーン❞って食いもんすか?」

えぇ~お遊びはおいといて(オイ

食べ物じゃありません(笑)

「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースである[2]

と有ります。

これだけみても、ナンノコッチャですよね(笑)

❝台帳❞

です。←これ以上にない簡単な答え

右の画像みたいなものの事を言うんですね。

これね、色んなことに使えるんですよ~。

えっ、なにかって(笑)

送金、データ保管等等です。

気になる方は

「コインテレグラフ 画像」の画像検索結果

コインテレグラフ

をみて下さいね(*^_^*)

今日はこの辺でおしまいにします(^_^)/~

記事を報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です